3-4-1.コースを作ってみよう


さて、次は使いやすくてバグの少ないそれでいて、機能充実なMasaoTool++の使い方です。
くどいですが、テキスト編をやってからツールを使うことを推奨します。

まず、MasaoTool++をダウンロードします。

Masao Tool++サポートページ
http://mtpp.yuntara.mine.nu/

そして、解凍します。

すると、このようなファイルが出てきました。
必要なファイルは付属しているので、コピーの必要はありません。
早速、mtpp.exeを起動します。

初回起動時のみこのようなウインドウが出ます。普通はそのまま「Masao Tool++をはじめる」をクリックしてください。
(余談ですが、背景のグラデーションはランダムのようです)

とりあえず1ステージ版を作りたいので、出てきたウインドウのメニューから「ファイル」→「新規作成」→「1ステージ」をクリックします。
すると、パターン画像を選択する画面が出るので、「pattern.gif」を選択して、「OK」をクリックします。

このような画面が出るので、あとは見た感じでわかるかと思いますが、この2つのウインドウがメインになっています。
右の「Tool Window」で配置するチップを選んで、配置すれば、基本のステージは完成です。

テストプレイは「ファイル」→「テストプレイ」でできます。

保存や読み込みの仕方はほかの一般ソフトと同じで、「ファイル」→「名前をつけて保存」または「上書き保存」で保存し、「ファイル」→「開く」で開けます。

次は、設定の仕方を説明します。


戻る トップ 進む