3-2-1.コースを作ってみよう


さて、ここでは正男ツールを使った作り方をご紹介します。

・・・と行きたいんですが、その前に、テキスト編をやってからツールを使うことを推奨します。
いくらツールといっても最後はテキスト編集が必要になります。

それでは早速はじめましょう。
まず、福田直人のホームページからゲームコンストラクション サポートページを開いて、まさおコンストラクションの下のほうにあるまさおツール Version 2.1をクリックして、ダウンロードします。

そして解凍します。中身はこのようになっています。

map1.dat サンプルステージ1
map2.dat サンプルステージ2
masao.mtl HTML出力テンプレートファイル
mtool.exe 正男ツール本体
pt_edit.bmp パーツ選択ウインドウ用画像

とにかくまずはmtool.exeを実行しましょう。

このような何も無い画面が出てきたと思います。
そこでメニューの[表示(V)]→[パーツ選択ウインドウ(P)]と[表示(V)]→[全体表示ウインドウ(Z)]をクリックします。

すると←と↓のようなウインドウが出てきました。

後は大体わかると思いますが、配置したいチップを選んで配置していきます。
全体表示の四角の枠をドラッグすると移動できます。

そしてこのような正男を作ったとします。
さて、ちょっとテストプレイしてみたいですね。

が、しかし、このソフトにはテストプレイ機能がないので、代わりの方法をご紹介します。

まず、メニューの[ファイル(F)]→[HTML出力(H)]をクリックします。
そして[game.htmlを出力しますか?]で[はい(Y)]を選択します。
すると正男ツールのあるフォルダと同じ場所に[game.html]が出力されます。
このファイルを正男のファイル(pattern.gifやmc_c.zipなど)があるところにコピーして開けばテストプレイできます。

また、保存は[ファイル(F)]→[名前をつけて保存(A)]で可能です。
読み込みは[ファイル(F)]→[開く(O)]でできます。


戻る トップ 進む